HOME営業案内>Q&A「価格・加工費はどれくらいか?」

Q&A

価格・加工費はどれくらいか?

残念ですが、一概にお答えすることができません。
健康食品・サプリメントの製造・加工は全てオーダーメイドが基本となっています。
それゆえにお客様の目的とされるゴール(製品)がどんなものなのか、
ご要望を充分お聞きしてから設計させて頂いております。
  • どのような栄養補助・健康機能を目的とされるのか?
  • どのような顧客層に向けての製品なのか?
  • 流通・販売の形態(店舗販売・通信販売)? 
ゴールイメージ1

など完成品の姿、ゴールをお聞きします。
このように、製品の目的・方向性をお聞きしたところで、
加工費の概算を出すために以下の4項目について打ち合わせをさせていただきます。
面倒ですが、概算見積りに織り込む事柄です。

 1  配合成分と配合率 
   健康食品・サプリメントの原料には、貴重な天然食品等を丁寧に加工
(抽出、濃縮、精製など)したものが多く、非常に高価なものもあります。
  • どのような成分の配合したいのか?
  • 1粒(または1包)あたりの配合割合は?
どんな原料をどれだけ配合するかで価格は変動します。

原料価格は、穀物や果物の価格が年によって
違うように、原材料の収穫量や供給バランスに
よって変動します。
配合率イメージ1 
 2 剤形 
   目的とする成分を、ソフトカプセルに入れるのか、ハードカプセルに入れるのか、
錠剤にするのかといったことでも加工賃が違ってきます。
また、特殊な技術や工程を追加して製造する場合は加工賃がプラスとなります。
(特殊被膜原料、コーティング、腸溶性など)
 3 製造数量
   1回の製造で作る数量がどれくらいかで加工費は違ってきます。
数量が多い方が少ない場合よりも安くなります。 
 4 包装形態  剤形/包装イメージ
   目的とする製品が、どのような顧客層に向けて、
どのような販売経路で供給されるものであるかで、
その包装形態は変わってくるはずです。
例えば、ベースサプリメントをできるだけ安く、
広い層に販売したいので、アルミチャック袋を
容器として選択される。とか、また、40代の
美容系サプリメントなので、高級感のある
ガラスボトルを選択される。
など、包装形態を選択する理由があるのです。
包装形態には、以下のように様々なものがあり、
それぞれの包装材料単価や工賃は違ってきます。
  • カプセルや錠剤などを、ガラスビン・樹脂ボトル
  • ・アルミ袋等のどの容器にいれるのか?
  • PTP・三方シール・ピロー包装などが必要か?
 ラベルや化粧箱の初回作成は、その製品のみのオリジナルとなりますので、
デザイン料・版代が必要になります。
また、ラベルに表示するために、「当該食品の単位あたりの熱量(カロリー)、
タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム」を外部分析機関で分析する必要があります。

お問い合わせボタン


Q&A「よくあるご質問」
価格・加工費はどれくらいか? 最小発注量はどれくらいか?



健康食品(サプリメント)の受託製造(OEM製造)専門工場の中日本カプセルは、健康食品の企画開発から販売戦略提案
ソフトカプセル製造ハードカプセル製造包装加工などPB製品受託製造により、お客様のご要望にお答えします。

健康食品サプリメントの受託製造工場
中日本カプセル株式会社



ソフトカプセル製造 ハードカプセル製造 顆粒・打錠製造
包装加工サンプル・試作品製造 原料紹介

営業案内 開発 商品紹介 品質管理 会社案内 採用情報 お問い合わせ