toggle
開発DEVELOPMENT

Co-capsule

シーオーカプセル 特許第6095395号

被膜基剤にコラーゲンを採用

ソフトカプセルの皮膜部分には、豚や牛、魚などの動物由来のゼラチンを使うのが一般的です。ゼラチンは、古来より人類に親しまれてきた非常に安全性の高い食品です。ゼラチンは、動物の皮や骨などに存在する「コラーゲン」を処理・分解することにより得られ、さらにゼラチンを分解すると「コラーゲンペプチド」が得られます。
Coカプセルは、ソフトカプセルの皮膜として「コラーゲン」を用いることを可能にした製剤技術です。

特徴FEATURE

  • 皮膜基材がコラーゲン(コラーゲンと表示が可能)
Co-capsule

製剤技術ポイント

POINT

一般的なソフトカプセルは、皮膜基剤としてゼラチンが使用されています。ゼラチンは、皮膜形成能に優れ、形成された皮膜の機械的強度が高いこと、常温に近い温度変化により可逆的にゾル・ゲル変化することなどソフトカプセルの皮膜基剤としての利点が多くあります。ゼラチンは、動物の皮や骨などを原料とし、これらの原料に含まれるコラーゲンを処理・分解することで得られるコラーゲンの変性体(変性コラーゲン)です。
コラーゲン(未変性コラーゲン)は、ゼラチンとは異なり水に不溶であり、温度変化によってゾル・ゲル変化する性質を有していないため、従来ではソフトカプセルの皮膜基材として使用されることはありませんでした。
Coカプセルでは、コラーゲンからゼラチンまで変性させていない未変性コラーゲンを皮膜基材としてカプセル皮膜の成形を可能にした製剤技術です。

新しい価値をご提案いたします

この他にも、現在開発中のテーマが多数あります。その中にはお客様のご不満を解決する糸口や、新たな企画の一助となる案件があると思います。弊社の技術で新しい価値を提案致します。ぜひ、ご相談ください。

お問い合わせ

CONTACT

健康食品(サプリメント)の受託製造(OEM)専門工場の中日本カプセルは、健康食品の企画開発から販売戦略提案、ソフトカプセル製造、ハードカプセル製造、包装加工などPB製品製造により、お客様のご要望にお答えします。

メールでのお問い合わせはこちら