toggle
開発DEVELOPMENT

NE-capsule

エヌイーカプセル

乳化剤を使用せず、油のみで粉末を分散

粉末の有効成分をソフトカプセルに配合する場合、ソフトカプセルの内容液は、油・粉末・乳化剤で構成されます。ミツロウやグリセリン脂肪酸エステルなどの乳化剤は、ソフトカプセルに有効成分(粉末)を均一に分散させるために必要です。
これまでに弊社では、ビタミンC誘導体を用いて内容液を均一に分散する製剤技術、『Cカプセル』を紹介しました。
NEカプセルでは、乳化剤を使用せず、油のみで粉末を均一に分散しています。常温で固化する油を用いているため、油漏れのリスク低減も期待できます。

特徴FEATURE

  • ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステルを使用しないソフトカプセル
  • 従来のCカプセル(乳化剤→有効成分)、OSカプセル(油不使用)とは異なる乳化剤へのアプローチ
  • 有効成分(粉末)を均一に分散させるために、常温で固体の油(パーム油)を使用
  • 常温では内容液が固化するので、油漏れのリスクが軽減
  • 崩壊時に内容液の分散性に優れる
NE-capsule

コア物質:パーム油

CORE

油(脂肪酸)には、大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。そして「不飽和脂肪酸」のなかに、原子の結びつきの数の違いにより「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」があり、「多価不飽和脂肪酸」に「オメガ6」と「オメガ3」が含まれています。パーム油は、アブラヤシの果実から得られる植物油です。飽和脂肪酸を多く含むため、常温では固体の油です。

コア物質:パーム油

製剤技術ポイント

POINT

ソフトカプセルにおいて、粉末の有効成分を均一に油に分散させるためにはミツロウやグリセリン脂肪酸エステルなどの乳化剤を使用します。弊社では乳化剤に関する製剤技術『Cカプセル』、『OSカプセル』があります。
■Cカプセル ビタミンC誘導体を用いて内容液を均一に分散する製剤技術
■OSカプセル 賦形油を使用しない製剤技術
NEカプセルは、乳化剤を使用せず、常温で固体である油(パーム油)を使用して、油のみで粉末を均一に分散する製剤技術です。

新しい価値をご提案いたします

この他にも、現在開発中のテーマが多数あります。その中にはお客様のご不満を解決する糸口や、新たな企画の一助となる案件があると思います。弊社の技術で新しい価値を提案致します。ぜひ、ご相談ください。

お問い合わせ

CONTACT

健康食品(サプリメント)の受託製造(OEM)専門工場の中日本カプセルは、健康食品の企画開発から販売戦略提案、ソフトカプセル製造、ハードカプセル製造、包装加工などPB製品製造により、お客様のご要望にお答えします。

メールでのお問い合わせはこちら