toggle
トピックスTOPICS

中日本カプセル「第3工場」着工のお知らせ

TOPICS

中日本カプセル株式会社のプレスリリース(2018/12/11)

中日本カプセル「第工場」201812月着工のお知らせ

 

 OEM受託専門メーカーの中日本カプセル株式会社は、岐阜県大垣市の第1、2工場の西側隣接地に、新たな製造拠点として「第3工場」の建設に着工しました。

「第3工場」は、新たに取得した5500m2の土地の一部である1700m2を敷地とした、鉄骨造2階建てのクリーンルーム仕様のソフトカプセル専用製造工場です。

 

 

 

 

■設備の特徴

・工場内は陽圧管理とし、除菌除湿効果を持つ空調機を採用したクリーンルーム

・1ルーム1マシン構造にて、他の製品の影響を受けないロット毎の管理を実施

・重要な製造工程については全て録画し、品質保証を目的に一定期間の映像保管

・外観検査は、最新の3方向高性能カメラで「自動選球」により規格外品を排出

 

 

 

■建築構造~防虫に配慮した構造設備

・建築外壁の窓を無くした、空調効率や防虫に有利な気密性の高い建築構造

・原料受入、製品出荷の動線には、高速シートシャッターを多重に配置

・シートには虫に見える波長をカットする特殊素材を採用し、虫を近づけない

・外部側のシャッターにはエアカーテンを設置し、開口時に高速エアーで虫や異物の侵入を阻止

 

 

■環境保全を考慮

・消費電力低減のため、水都大垣の豊富な地下水を工場内設備の冷却に利用

・屋上全面に設置した太陽光発電は、省エネ効果だけでなく、停電時の非常電源としても利用可能

 

         

   (左)養老工場の太陽光発電          (右)大垣の地下湧水

 

 

 

019年秋の本格稼働を予定、ソフトカプセルの製造キャパシティは、従来の3割UPを見込みます。

また、既存工場と同様に、健康食品GMPの認定およびISO22000認証の取得を予定しております。

 

■名称 中日本カプセル 第3工場

■所在地 岐阜県大垣市荒尾町229-2

■建築延面積 約1,800m²

■事業内容 ソフトカプセル製造工場

■着工予定 2018年12月

■竣工予定 2019年秋頃

 

新工場の稼働により供給体制を強化していくと共に、

尚一層のお客様へのサービスの拡充ならびに品質向上に取り組んでまいります。

 

【本リリースに関するお問い合わせはこちら】

TEL:(0584)93-1013 FAX:(0584)93-1014

nnc@nakanihon-cap.co.jp(代表)