toggle
商品紹介PRODUCTS

ハードカプセルの上手な飲み方

HOW TO DRINK

中日本カプセルの健康食品(サプリメント)受託製造(OEM・PB製造)品目中で、代表的なサプリメント形態であるハードカプセルの上手な飲み方について、ご説明いたします。

飲みなれた方には、何の抵抗もなく飲みこめるカプセルも、飲みこむのが苦手な方には、苦痛です。同じカプセルであっても、うまく飲みこめる方と、苦労される方がいらっしゃいます。ここでは、ハードカプセル形態の健康食品・サプリメントの上手な飲み方をご紹介します。
※摂食・嚥下障害などの方の場合は、お医者様にご相談ください。

①水や白湯だけを少し飲んで、のどを潤す。

予めのどを潤して、飲んだカプセルを滑りやすくします。

②口に水や白湯を含んでから、カプセルを口中に入れ、口を閉じて少し下を向く。

カプセルは水なしで口に含みますと、口の中に付着して飲みにくくなる場合があります。

③カプセルがのどに近くなったのを感じたら、水と一緒に一気に飲み込む。

ハードカプセルは水に浮きやすいため、上を向いたまま飲みこもうとすると、水だけを最初に飲みこむことになって、カプセルが最後になります。カプセルを口に含んだら正面を向いた状態かやや下を向いた状態になると、カプセルがのどに近くなりますので、そこで一気に飲みこむのが上手な飲み方です。

ハードカプセルの飲みにくさを改善した
オリジナル技術

GS-capsule
GS-capsule

ハードカプセル製品を水で飲み込む際、飲み込みにくいと感じる人がいます。これは、ハードカプセル製品が粉末原料のみから構成されており、水より密度が小さいこと、またキャップ部分に隙間があることが関係しています。そのため、ハードカプセル製品のほとんどは水に浮いてしまい、水だけが先にのみ込まれてしまい飲みにくく感じます。この課題に対して、GSカプセルではハードカプセル内の隙間を埋め、水に沈むハードカプセル、飲みやすいハードカプセルを実現しました。

GSカプセルはこちら

お問い合わせ

CONTACT

健康食品(サプリメント)の受託製造(OEM)専門工場の中日本カプセルは、健康食品の企画開発から販売戦略提案、ソフトカプセル製造、ハードカプセル製造、包装加工などPB製品製造により、お客様のご要望にお答えします。

メールでのお問い合わせはこちら